2013年12月5日木曜日

延岡市長選挙 平成26年1月26日

今日、延岡市長選挙の説明会がありました。

現市長:首藤正治
延岡市議会副議長:小田忠良
市民会議延岡代表、独立行政監査民:岩崎信

の3組が来ていました。

3選禁止にして新しい風を入れる時です。
8年もやれば癒着と惰性が避けられません。


私が延岡市長なら何をするのでしょうか?
市民との契約書を作成しましょう。

ガラス張りの行政。
世界一の電子政府の創造。
行政文書の電子化、即公開。
情報公開を徹底。
意見公募条例を制定。
個人情報保護条例の制定。
官民差別、身分差別撤廃
  市職員、課長、部長を公募。
  教育委員会委員を公募。
  図書館長を公募。
  監査委員を公募。
  地域協議会委員を公募。
競争入札を徹底。



それにしても説明会は冗長でした。
やってはいけないことだらけです。
この国の政治活動は不当に制限されています。
役人が選挙を堕落させることに知恵を絞った結果です。
そもそも、立候補届け出から、投票日までの期間が1週間というのが短すぎます。

役人に籠絡されているのです。
これもやってはいけませんよ、あれもやってもいけませんよ、、、

選挙カーでの連呼活動が選挙であるかのような装いになっています。
政策を示すための選挙公報に関する説明は一番最後でしたが、その前に帰りました。
大体、1時半からということだけ知らされ、30分ぐらいで終わるのかと思ったら5時までのスケジュールが組まれていました。

現市長も副議長も立候補手続きには慣れているだろうに、最後まで聞いていられるのが不思議です。


0 件のコメント :